読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔が素敵な彼

 f:id:ken-okamoto298:20170329164402j:image

仕事の後、女は無性に泣きたくなる。

 

そんなことを考えながらいつもの坂を登っていた。

 

私の働いているオフィスから最寄りの駅に向うには、ラブホテルが立ち並ぶこの急な斜面を登らなければならない。

 

私はため息をついた。

 

「疲れた…」
意図せずともその言葉が口から漏れる。

 

それを見透かしたかのように入る

あなたからのメール。

 

「今から会える?」

 

私は、帰り道とは真逆の電車に乗り、あなたの家に向かった。

 

幸いなことにあなたの家の方が私のオフィスにも近い。それ故に平日でも泊まることは少なくないのだ。化粧落としやコンタクトもあなたの家にあるし。今日はそのままあなたの家に泊めてもらうことにした。

 

私たちは、あなたの家の近くにある安い中華で夕食を済まし、それが当然のことのようにお互いを求めた。

 

私とあなたがこういう関係になったのは、
確か2年前… もう2年になるのか。
あなたが恵比寿で飲んでる私に、
声をかけてきてからだ。

 

今まで、知らない男と寝ることはあっても大抵は1度きりだった。だって面倒くさいんだもの。でも、あなたは違った。

 

あなたは男の人の割に、優しい話し方で、良い匂いがして、笑顔が可愛い素敵な男性だった。

 

どんなに落ち込んだ日でもあなたの腕に抱かれたら私は次の日から頑張れると思えた。

 

「ちょっとタバコ吸ってくるわ」

 

あなたはそう言って、タバコが苦手な私を気遣いベランダに出る。

タバコは苦手だが

タバコを吸うあなたの後ろ姿は

無性に、好きだった。

 

かっこいいなあ。

 

あなたが、好きだった。

 

夜の闇とタバコの煙と、

遠くを見ているあなた。

 

この瞬間、私とあなたは世界に二人きりだった。

 

私は服を着ることも忘れ、
布団に包まれて、あなたを見ていた。

 

「よし、もう1回やるか」

 

帰ってきたあなたは
悪戯っぽく笑って私に言う。

 

「えーっ。もう寝なきゃ」

 

私は困惑の表情を作りながら、本当は何回抱かれてもいいと思っていた。女は体裁を作る立場を崩せないから面倒くさいものだ。

 

結局、その日は何回抱かれたか覚えていない。

 

朝になる。

 

私はシャワーを浴び、髪を乾かす。

 

ドライやーの轟音が響く部屋の中

準備をほとんど終えた様子で彼がこちらを見ている。

 

何か言っているのだろうか。

 

彼は、笑顔を見せた。

 

私も、笑顔を返した。

 

私は今年で25歳。
そろそろこの人とちゃんと…。


もうほとんど付き合っているような状況と変わらないため、今年中に結婚もあるかもしれないな。そんなことを考えると今度はニヤニヤした。

 

子供はきっとあなたに似て、
目が大きく、鼻が高く、歯並びがいいのだろうか。

 

耳は…
私に似たらいいとあなたは言うのだろうか。

 

あなたは初めて家に来たときに、

私の耳を褒めてくれた。

 

「とても綺麗な耳だね!」と。

 

私は耳の形が自分でも好きで
ピアスやイヤリングはつけたことが無い。

 

可笑しな話だが、
私の体の中でなんとなく神聖な場所だった。

 

そのことを彼に話すと、

「なにそれ!すごくいいね!そういう子素敵だな!」彼はそう言ってニコッと笑ってくれた。

 

最近は耳を褒めてくれることもなくなってきたけど、あなたはまだその話を覚えているだろうか。

 

でも、どちらでもよかった。

 

たとえ覚えていなかったとしてもその話は私だけの宝物にできるのだから。

 

そんなことを考えていたら、

彼が乾かし終えた私の頭を、彼が撫でてきた。

 

そして、ニコッと笑った。

 

「遅刻するよ」

 

彼は言った。

 

彼はモテるだろう。しかし浮気とは縁遠い人。

 

男を信じられなくなりかけていた私の王子様のような人だった。

 

私は支度を済ませ彼の手を握った。

 

ドアを開けるとき、彼は言った。

 

「ピアス、忘れてない?大丈夫?」

 

時が止まる。

 

あなたは何を言っているの。

 

「ほら。ああいうのってよく忘れるじゃん。面倒くさいんだよね。君もよく最初のほう忘れてなかったっけ。」

 

あなたは、また、

 

ニコッと笑った。

 

#小説 #モナカ 

右脳に刻まれた君の目


f:id:ken-okamoto298:20170329115252j:image

季節は春といってもまだまだ、
夕暮れは時は寒かった。


僕は公園で一人煙草に火をつけ
今日のデートを思い出す。

 

今日は大阪の有名な水族館に行った。
大きな魚。色鮮やかに群れをなす魚。
あまり動かないで砂の上に寝ている魚。

 

それらを眺める君。

 

僕は魚を眺める趣味は無いが、
君を見るのはとても楽しく、その瞬間、心から充実した気持ちになった。

 

 

今日君は、あまり言葉を発しなかった。

 

遠いところを見るように、近くの魚を見つめていた。

 

昔を思い出しているのか。何かを考えているのか。それともただ疲れているのか。心配されることを嫌う君に僕は何も聞き出せなかった。

 

僕たちはお昼にトルコ料理を食べた。実は僕も知らなかったことだが、トルコ料理は世界三大美食と言われており、数々の美食家の舌を唸らせてきたらしい。

 

お昼を食べながら僕たちは、あまり多くは語らず、「トルコ料理の美味しさがわからない」
とだけ静かに笑った。

 

僕はそれだけで、
君を独占できているこの時間があるだけで
とても、幸せな気持ちになった。

 

君は静かに笑っていた。
とても静かで、笑っているのかわからないほどだったが。

 

その後僕たちは、

水族館の近くにある観覧車に乗り、
大阪の街を見渡した。


実のところ大阪の街なんてどうでもよかった。

 

やっぱり君は綺麗だった。

 

そして君がまた

「その目」をしていることに気づく。


君ははるか遠くを見ていた。


僕は耐えられなくなり君に話しかける。

何を言ったかは、覚えていない。

 

君は少し口角を上げて、
少しだけ言葉を発した後に、
また、外を見た。

 

小さな密室にまた訪れる沈黙。

 

僕はその後、ふと君に言った。

 

何かを言った。

 

君の「その目」は、今度ははっきり僕を捉えた。「その目」は、もう僕を離さない。

 

私を見て。私を覚えていて。私はずっとあなたと…。

 

彼女は「ごめんなさい」と言った。


そして、
言葉に困ったのか僕をじっと見て、少し困った顔で笑った。


僕も…笑っておいた。

 

外は悔しいくらいに晴れていて、

君の困った顔も、悔しいくらいに綺麗だった。

 

 

「ああ。もう会えないんだな。」

 

 

僕は後悔した。
心の蓋が取れて、口から滑り落ちた
たった2文字を
僕は永遠に悔やみ続けると確信したのだ。

 

 

観覧車は地上に着き、君は
「今日は楽しかった。ありがとう。またね。」と少し笑って
小走りで去った。

 

 

タッタッタ。君は走る。

 

 

その時君は一度だけ振り返った。


「その目」はもう僕を見ていなかった。

 

長い1日だった。

僕はタバコの火を消し、誰も待っていない家に帰ろうと立ち上がる。

 

駅に向う途中、ふっと君の目を思い出す。

 

空っぽで遠くを見ていて、何も捉えていない。
捉えようとしていない。


でも、

 

悔しいくらい綺麗な、

 

 

その目。

 

 

#目 #小説 #モナカ #右脳 

切れなかったツメ

f:id:ken-okamoto298:20170327143153j:image 

僕と君は喫茶店に入る。「喫茶店」と「カフェ」の違いってなんだろう。君と僕はそんな話をしている。

 

この喫茶店はコーヒーが美味しい。
君がそんな話をしている。僕は好きな人と好きなものを食べたり、飲んだりする時間が大好きだ。

 

君はサンドイッチを食べている。
どうやら軽食も美味しいようだ。

 

困ったことに僕は、何を食べても飲んでも味がしない。だが、とても幸せだ。つまるところ僕は、好きな人が美味しいものを美味しいと言ってくれるこの空間が好きなのだろう。
僕はいつものように笑顔で、君の話を聞いていた。

 

 

僕と君は今日が3回目のデートだ。
「デート」という言葉が付き合ってない2人を指してもいい言葉なら、そうであるのだが。

君は相変わらず笑っている。

僕は極力何も考えないようにしている。

ポケットに手を突っ込み、君の横を歩けるだけで僕は世界一幸せな気持ちになる。

今日も君はとてもかわいい。

 


喫茶店を出て、
君と僕は近くの雑貨屋さんに入った。

君は笑っている。
何がそんなにおかしいんだろう。
だが、君の笑っている顔を見ていると僕まで笑ってしまう。
普段はまったく笑うことなんてないのに。

また、君に会いたくなってしまう。

 

僕はポケットに入れた手を、グーの形にして強く握った。
中指の爪が手のひらに食い込む。

 

痛い。

 

だが、これでいい。身体的な痛みはまだ耐えられるし、こうでもしないと僕は、いつ自分を見失うかわからない。

 

君の好きな僕はいつも冷静で、聞き上手で、君につられて笑っている。

 

君はラインがとても遅い。
2日に1回、1通短い返事をするくらいだ。

 

僕はその遅さに特に意味づけはしない。

 

だって一緒にいる君はこんなに楽しそうだから。

 

ところで会っている時間が、会ってない時間よりも短いのは当然の話だ。しかしこれは、「不安で窮屈な時間が、幸せで安定した時間よりも短いこと」と同意ではないだろうか。

 

僕の爪はさらに手のひらを痛めつけた。
しかし僕は、ほとんど身体的な痛みを感じなくなっていた。


ふう。

 

僕はため息をついた。

 

君と僕は歩いている。

君は相変わらず楽しそうだ。

僕は…どうだろう。

 

最近は君と一緒にいる時間でさえ不安で窮屈になってしまうこともある。

 

「そろそろ終わりにするか。」

 

僕は下を見て少しだけ笑う。

 

そんなふうに100回目の決断をしたって、

 

どうせ

 

次回のデートも

 

爪は切らない。

お昼まで寝ていた君

 f:id:ken-okamoto298:20170326223102j:image

「今日こそ起きるって言ったじゃん」

 

僕は怒った口調で、しかし、笑いながら君に言う。君は、まだ寝ぼけているようだ。「んーごめん。またやっちゃったかー。」君はボサボサの髪を触りながらお風呂に向かう。僕はも時間を持て余している。「しょうがないから、昼飯でも作ってやるか」僕は簡単にチャーハンと卵スープを作る。学生時代に4年間キッチンでバイトしていた経験から、僕は料理にはなかなかの自信があった。

 

君はお風呂から出ると僕に言う。「おー。でかしたねえ。悪くないじゃん。外で食べるよりも節約だね。」君は僕の頭をくしゃくしゃと撫でる。「ばか。調子のんな。」と僕は笑って言う。「冷めるから早くして。」君にドライヤーを渡すと、僕はお昼のバラエティを一人で見る。笑う俳優に、おどける芸能人。彼らの経験してきた背景を想像してしまい、そこに苦労ばかり見えて、どうも笑えないのが僕の難なところだ。そんなこと考えていたら、君が来る。

 

 

「いただきまーーーす」君はスプーンに向かって、優しい息をかける。次に小さな口でチャーハンを食べる。「うまあい」君は200点の笑顔で僕に言う。「まったく…」

 

ところで僕の人生、これまで良いことばかりではなかった。かといって、悪いことばかりでもなかった。「平凡」の2文字がお似合いだった。正直な話、いつ人生終わっても良かった。本当にだ。もちろん、君に会うまでは、だが。

 

僕は外見も中身も平凡な男で、個性もない自分が嫌いだった。
君は容姿こそ普通だが、とても、綺麗な心を持っていた。
綺麗なものを綺麗ということができて、そうでないものを愛らしいということができる女性だった。
美味しいものを美味しいということができて、そうでないものを個性的な味と得る女性だった。
彼女の心は透き通っていた。
とても綺麗で、自由で、強い心を持っていた。

 

 

「ふああ。めっちゃ美味しかった」君は言った。食べるの相変わらず早いな…。僕も急いで平らげる。今日の予定は、16時からの映画鑑賞だ。時計の針はもう14:30を指している。君は急いで化粧をして、僕はワックスをつけた。「お、今日もかっこいいねえ」君は僕に言う。「そちらも。」僕は少しだけ照れて目を見ないで言う。「そろそろ出ようか」僕は君に言った。


僕は玄関の前に来て、学生証を忘れていたことに気づく。あれがないと映画の割引がされない。「ごめん、ちょっと先外出ていて」僕は君に言う。「おけーい」君は相変わらず笑顔だ。僕は君に背中を向け、口を動かす。「かわいい」

 

学生証は思った通り机の上にあった。
それをポケットにしまい、僕は玄関に向かう。
とん。床を踏む。
とん。床を踏む。
とんっ。玄関につく。
僕は急いでドアを開けた。

 

「おまたせっ」

 

そこに君の姿はなかった。

 

 

母が後ろからやってきて僕に尋ねる。「大丈夫?」僕は、ははっと笑い答える。「…大丈夫だよ。ありがとう」そうか。君とはずっと前に…。

 

僕はその足で近くの公園まで歩き、タバコを吸う。

 

時刻はまだ午前の10時。
映画を見るには早すぎるみたいだ。

 

 

さて、今日は君抜きで、何をして生きていこう。

 

 

 

 

 

#小説 #詩 #たられば #モナカ #ノスタルジック

嫌いの先端は丸みを帯びて

f:id:ken-okamoto298:20170326174530j:image

 

僕と君は喧嘩している。 


別に珍しいことじゃない。むしろもう慣れっこだ。「もう嫌い」君は惜しむことなくその言葉を僕に投げつける。「僕も嫌い」僕も負けじと言葉を投げ返す。喧嘩はそう簡単には終わらないものだ。どうやら翌日に持ち越しらしい。やれやれ。


僕らは同じ布団に入る。もちろん背中を向けながら。「どうして背中を向けるの?」君は尋ねる。答える価値もない質問だ。僕は返事をしない。彼女は足で蹴ってくる。「嫌い!」彼女はまたその言葉を僕に投げた。「僕も」とだけ返事をした。


僕は夢を見ていた。君の夢だ。君はナイフを持っている。そして誰かを惜しむことなく刺している。君自身だった。「やめろよ」僕は言った。君は泣いていた。「なぜこんなことをする?」夢だとわかっていても僕は君が心配になった。ナイフの先端は真っ赤に染まっている。「嫌われたから」君は答える。「あれは売り言葉に買い言葉というか…。僕が意図していない言葉だ。悪かった。君のことは嫌いなんかじゃない」「違うの」君は答えた。「私によ。私に嫌われたの。」君は激しく泣いた。ずっと、ずっと、ずっと泣いていた。


僕は自分を呪った。僕は君に何ができるだろう。「嫌いだ」僕は僕自身にそう言った。すると、ナイフが目の前に現れた。僕はそれを拾う。迷うことなく僕はそのナイフで自分の腹をさす。しかし、おかしい。痛みは無い。ナイフの先端を見ると、鋭利を全く帯びていないのだ。


誰かが来る。泣いている彼女と、呆然としている僕の前に。誰かはいう。「結局さ、自分が可愛いんだよ。みんなさ。」そういったのは、向こうから来た僕だった。

 

目がさめる。夜中の3時だ。彼女は横で泣いていた。僕は救えねえバカだ。


「ごめん。僕は嘘をついた。」

彼女に言った。「君が僕のことをいくら嫌っても、僕には君しかいない」
そう言うと震えて今にも壊れそうな彼女をぎゅっと抱きしめた。

彼女は、まだ、泣き止まない。

 

 

#小説 #小説好き #喧嘩 #感情 #綺麗

 

待ち合わせ

f:id:ken-okamoto298:20170326174356j:image

 

雨が降っていた。

もう少ししたら君が来る。
いつものように君が来る。
心にぐるぐると包帯を巻いて、少しだけ悲しい顔をして君が来る。

 

集合の14時になった。
君はいつものように笑顔で来る。目は笑ってないが、とても可愛い笑顔だ。

 

君は傘をさす。
僕は傘を電車に忘れた。
君は少しの迷いもなく僕を傘の中に入れてくれる。
君は半分濡れていたが、とても笑顔だ。
とても、かわいい。

 

途中で雨が止む。
君は「残念だったねえ」と悪戯っぽい顔で僕に笑いかける。
君の言葉に意図を感じないようにしている僕は「そうだね」と答える。

 

ふっと桜が落ちてきた。
いつの間にか公園にまできていたのか。
僕はふっと言葉を漏らす。「お花見したいな」君は僕の手を握って答える。「お花見しようよ。今年も、来年も、再来年も。ずーっと、2人で。」
僕は笑った。素直なものの言い方をする人はどこに行っても好かれるものだ。

 

 

その翌日、君は電車に飛び込んだ。

 

 

人間は時々僕の理解を超えた行動をそつなく取るものだ。

 

僕は君の言葉に意図を汲み取らないことだけは長けていた。
しかし、君の言葉全てを驚くほど鮮明に覚えていた。記憶力だけはいいのだろうか。
それとも、君の言葉に意味を与えることをただ恐れていたのか。

 

もう2度と届かない君へ。
僕の何の意図もしてない言葉を空にいる君に送ります。

 

今日も、桜が散っていた。 

 

#小説 #小説好き #桜 #感情 #綺麗

感情は波のように


.
.f:id:ken-okamoto298:20170326173430j:image


また波が来た。今度はとても大きな波だ。10メートル前後だ。僕の身長の6倍から7倍というところだろうか。その波はいつものように、僕を大きな海へとさらっていった。 「かわいそうに。」 誰かの声が聞こえる。
.
.
僕は全く抵抗していなかった。
波からのレイプ。僕はただ身を任せる。
.
.
.
死にたかった。
.
.
.
その一部始終を外から見ている、君。
本当に気持ちわりいよ。上がっている口角が見える。 「くそが」 僕は思うでもなく、感じる。
.
.
波が一度引くと僕は深呼吸する。また波が来る。
避けられない。また僕は波に飲まれる。
.
.
早くなる鼓動。
.
.
見えるきみ。やっぱり笑っている。
.
.
僕は手を伸ばす。君以外に。 「助けてくれ。」とは言えない。手を伸ばす。しかし君以外の彼らは、険しい顔をして、腕を振り払う。手を無視するものも少なくない。今度は僕が少しだけ笑う。今まであった人に感謝する。「くそが」とは勿論一切、思わない。
.
.
かなりの量の水を飲んだ。一層死ねればよかった。息を切らす。君以外はもうみんないない。また次の波が来る。僕は今度も避けれない。波に攫われる。今度こそ死ねたらいい。
.
.
その時、ふっと、きみの方を見る。
.
.
僕はきっと幻想を見ているのか。いや、間違いない。
.
.
.
君は、僕だった。
.
.
.
今度は僕が流される君を見ている事に気付いた。
そして気付いた。そうか、君は戦っていたんだな。
誰にも迷惑をかけまいと。迷惑をかけながら。
正しい事だけやりたいと。何が正しいかわからないまま。
死にたい、と。生きたいと叫びながら。
.
.
もうじき夜が明ける。
倒れている君。呆然と立っている僕。
君に手を差し出す。
君は倒れたまま。僕はいう。 「この世界には僕らしかいないんだよ。仲良くしようか。」 君は僕を見る。眉間のシワが強くこちらを見る。
そうか。君は、僕のことが嫌いなんだね。
何も言えないまま僕は君を見る。
.
.
君は急に泣き出す。僕はきみを抱きしめる。ああ。なんてこの世界は汚ねえんだろう。なんでこんなに、冷たいんだろう。
.
.
帰ってこない問いかけに僕は唾を吐き、君と手をつないで部屋に帰った。
.
.
この世界には、僕と君しかいねえ。
また今日も、波が来る。

 

 

 

 

 

 

#小説 #小説好き #波 #感情 #綺麗